HOME>コンテンツ>初任者研修の資格を取得するとメリットがある

初任者研修の資格を取得するとメリットがある

人形

介護初任者研修の資格は多くのシーンで役立つ

介護職員初任者研修資格は、介護の仕事をするうえで基礎的な知識やスキルを持つことを証明する資格です。2013年4月に制度変更があり、旧来のホームヘルパー2級という名称から変更となりました。これから介護職員として働く際も、すでに働き始めている人も、必要とされるのは専門的なもの,医療にも通じる知識です。初任者研修の資格取得は現場の多くのシーンで役立ち、採用選考でのアドバンテージや時給などの待遇アップなどにはたらくでしょう。その先には国家資格である介護福祉士がありますが、そこへ通じる道の登竜門とも言えます。仕事を続けるうえで将来的にさらに高みを目指すモチベーションは大切ですし、身につけたスキルを現場で還元できる自信は大きいでしょう。

女性

講座を受講するまでの準備

介護職員初任者研修資格を取得するには、講座を開講しているスクールに通ってカリキュラムを修了し、試験に合格する必要があります。入門という位置づけのため受講条件や受験資格はなく、特別な準備が必要なわけではありません。ただ、学ぶ内容は専門的なもの,医療にも関係するスキルですので、介護知識や介護スキルの習得にきちんと向き合う心構えは必要です。未資格でも業務未経験でも誰でも資格取得を目指すことはできますので、是非本気で取り組む気持ちで受講してください。カリキュラムは130時間を修了する必要がありますが、通信講座で自宅学習を進めれば最短1ヶ月での受講修了も可能です。土日のみのコースでは修了までに3~4ヶ月かかるのが一般的ですが、自分のスケジュールを調整し、無理なく通える講座を探しましょう。